New photo added to "Camera Roll"

タンザニア国内のコーヒー産地は大別して、

ロブスタ種産地の北西部、

アラビカ種では近年品質向上に

伴い需要が高まってきた南部と、

歴史と伝統を兼ね揃えたキリマンジャロを

はじめとする北部とに分けられます。

北部地域は世界的な認知度も高く、

品質面での定評もありましたが、

それゆえ生産地としては飽和状態となりつつあります。

生産地の環境が北部から南部へとシフトしつつある中で、

北部でも比較的標高の高いタリメ地区に

関心が寄せられる様になりました。

同地区は非水洗式コーヒーの産地として

知られていたものの水資源に乏しい立地のため

精選設備も限定的であり、

そのため水洗式コーヒーの流通量はほとんどありませんでした。

しかしながら、水洗式コーヒーのポテンシャルに着目した

輸出業者ドーマン社がウェットミルを整備し、

高品質の水洗式コーヒーを開発しました。

水資源に関するインフラ整備は、

精選のみに使用するだけではなく、

周辺住民の生活用水として使っています。

ココナッツの様な香りと、

カシスの様な甘酸っぱさと脂質感の高い滑らかな口当たりで、

ブラウンシュガーの様な甘い余韻があります