IMG_1409


加古川市志方町原のため池「大池」の水を、

えん堤外側にある円筒形の施設「分水工」で分けられ

横大路、原、成井、永室、西牧の5集落へ配水されます。

IMG_1399


大池は、江戸時代の築造と伝わる

面積約9ヘクタール、総貯水量24万6500立方メートルの

農業用水源となっています



サイフォンにより下から吹き上げられた水を、

同心円上に越流(またはオリフィスによる)させることにより、

用水を均等・厳格に分けることができます。

さらに、円筒分水はその公平性が「誰の目にも明らか」なので、

水争いの解消にも役立っています。