image


サンロレンソ農園の中でも

生産量の約0.5%しかない農園内のエリア指定、

品種指定をしたマイクロロットです

SCAJ2016で開催されたブラジルスペシャルティ協会の

テイスト・オブ・ハーベスト受賞ロットで、

完全手摘みによって収穫されています。

サンロレンソ農園は1977年に農園を開業し、

現在は約907ヘクタールもの農園面積を

持つ大規模農園です。

ここの農園の特徴は、

自然保護に配慮した環境の下でコーヒーを栽培し、

さらに園内の湧き水を集約した大型の貯水池を整備し、

セラード特有の乾燥しがちな栽培環境下でも

良質なコーヒーの持続的な生産を可能としています。

農園管理者のマリアナ女史の思想に沿った、

よりサステイナブルな農園を達成するために、

生態系保護を目的に農園敷地内に

200ヘクタールもの森林保護区を設けるなど

自然との共存を図っています。

ハニー、ヘーゼルナッツのような香りで、

ジューシーな口当たりで、

アプリコットのような甘酸っぱい余韻です