8AC3C8D4-94C0-4823-8F2C-FA294AAF2D72


エルサルバドル ロス ルチャドーレス 

パカマラ パルプドナチュラル のコーヒー豆を入荷しました

パカマラ種は、ブルボン種(コーヒー原種の一つ)の

突然変異種パカス種と大粒のマラゴジッペ種の交配に

よって生まれた品種です。

従来、エルサルバドル特有の品種でしたが、

その味のすばらしさが、

カップオブエクセレンスなどの品評会で高評価を受け、

近年では、他の生産国でも、

ゲイシャ種とともに栽培する農園が現れています。

しかし、まだまだ、生産量は少なく、

希少な品種となっています。

サン・イシドロ農園では、
この希少なパカマラ種をわずかに2ヘクタール栽培しています。

このコーヒーは、その貴重なパカマラ種をさらに、

パルプド・ナチュラル生産処理し、

甘味、香りを更に増したものです。

パルプド・ナチュラルとは、

収穫されたコーヒーチェリーを、パルパーで果肉除去された後、

醗酵行程をおかずに、

ミューシレージ(粘液質)が残ったままの状態で天日乾燥行程に入ります。

これによって、ミューシレージの甘味が豆に移り、

ウォッシュドコーヒーでは得られにくい

独特の香りやボディをもったコーヒー豆が生まれます。